互換ソフトウェアとは

Permalink

互換性とは、製品やデータを別のものに置き換えても、問題なく使うことができるという意味の言葉です。例えば、2つのパソコンにおいて、同じソフトウェアや周辺機器を利用できる場合や、あるアプリケーションで作成したデータファイルを別のアプリケーションで利用できる場合に、「互換性がある」と表現します。

パソコン現在、AUTO CADとの互換性を持つソフトウェアが数多く登場してきています。AUTO CADとの互換性を持つソフトウェアを使用する最大のメリットは、コストを安く抑えることができるということです。AUTO CADのみならず、ほとんどのCADソフトにおいて、パソコン1台について、1つのライセンスが付与されることになっており、企業などでAUTO CADを導入しようとすると、AUTO CADを使いたいパソコンの台数分の料金を支払わねばなりません。企業の規模が大きくなるほど、AUTO CADを使うパソコンの台数も増えるので、大きな費用が必要になるのです。

またAUTO CADは最低3年に1回のバージョンアップが必要であり、そのバージョンアップにも料金が発生するのです。これらの費用の発生を抑えたいというニーズから、数多くの種類のAUTO CADの互換ソフトが発売されているのです。


関連記事

  1. AUTO CADとは
  2. 使いやすい互換ソフト
  3. 安心の互換ソフト