Archives

安心の互換ソフト

Permalink

男性実は、互換ソフトには無料のものもあります。しかし、無料の互換ソフトの場合は安全面で保証もありませんし、サポートもありません。やはり、サポート体制のしっかりした有料の互換ソフトを選ぶ方が、長い目で見れば有益でしょう。有料の互換ソフトがどのようなサポートがあるかはその開発販売会社のホームページで確認できますので、数社を比較検討してみましょう。

購入決定前に無料体験版を使って、パソコンの動作確認をしてみるのも大切です。互換ソフトの多くは、日本企業によって開発されていますので、日本人ユーザーの意見が速やかに採用され、アップデート時にその意見を反映した改善が加えられていくのも互換ソフトの魅力です。

互換性ソフトは海賊版ではないのか、コンプライアンス上問題はないのかと心配される方もいらっしゃいますが、正規で販売されている互換ソフトは海賊版ではありませんのでご安心ください。なぜ低価格であるかというと、自社開発などの企業努力によってコストを下げたからなのです。

年々改善が進み、AUTO CADの最新機能に対応できる互換ソフトも登場しています。安心してニーズにぴったり合った互換ソフトを導入し、仕事の効率アップや、費用削減にお役立て下さい。


関連記事

  1. AUTO CADとは
  2. 互換ソフトウェアとは
  3. 使いやすい互換ソフト

使いやすい互換ソフト

Permalink

パソコン1台につき、1つのライセンスの付与という条件は、AUTO CADの互換ソフトにおいても同じですが、AUTO CADのライセンスよりも価格がずっと安くなりますので、全体的な費用は随分安く上がるのです。

アップデートAUTO CADの互換ソフトを使用するもう1つのメリットは、「使いやすいこと」です。AUTO CADは日々、作業効率を高めることを目的として新しい機能にアップデートされていくのですが、古い機能が使えなくなることがあります。しかし、場合によっては前の方が使いよかった、などという場合もあります。ところが、互換ソフトであればアップデート前の機能と、アップデート後の機能の両方を使えるようにすることができるのです。

AUTO CADの互換ソフトには、いくつかの種類があります。まず自分がどのような機能を持つ互換ソフトが必要なのかを確認し、必要な機能が付いている互換ソフトを購入する必要があります。互換ソフトの持つ機能は、互換ソフトを開発販売する企業のホームページで調べることができます。付いている機能が多いか少ないかによって価格も変わってきます。必要な機能のみを持つ互換ソフトを選ぶことで、さらに費用を抑えることができるのです。


関連記事

  1. AUTO CADとは
  2. 互換ソフトウェアとは
  3. 安心の互換ソフト

互換ソフトウェアとは

Permalink

互換性とは、製品やデータを別のものに置き換えても、問題なく使うことができるという意味の言葉です。例えば、2つのパソコンにおいて、同じソフトウェアや周辺機器を利用できる場合や、あるアプリケーションで作成したデータファイルを別のアプリケーションで利用できる場合に、「互換性がある」と表現します。

パソコン現在、AUTO CADとの互換性を持つソフトウェアが数多く登場してきています。AUTO CADとの互換性を持つソフトウェアを使用する最大のメリットは、コストを安く抑えることができるということです。AUTO CADのみならず、ほとんどのCADソフトにおいて、パソコン1台について、1つのライセンスが付与されることになっており、企業などでAUTO CADを導入しようとすると、AUTO CADを使いたいパソコンの台数分の料金を支払わねばなりません。企業の規模が大きくなるほど、AUTO CADを使うパソコンの台数も増えるので、大きな費用が必要になるのです。

またAUTO CADは最低3年に1回のバージョンアップが必要であり、そのバージョンアップにも料金が発生するのです。これらの費用の発生を抑えたいというニーズから、数多くの種類のAUTO CADの互換ソフトが発売されているのです。


関連記事

  1. AUTO CADとは
  2. 使いやすい互換ソフト
  3. 安心の互換ソフト

AUTO CADとは

Permalink

CAD とはComputer Aided Design の略で、コンピュータを用いて設計支援をしてくれる製図ソフトのことです。建築、土木、配管、電気回路、機械、服飾デザインまで幅広い分野の設計で用いられています。2D CAD (2次元/平面図)と3D CAD(3次元/立体図)の二種類があります。効率よく製図ができるので、時間短縮になります。

CADCADにはいくつかの種類のソフトがありますが、よく利用されているのがAUTO CAD です。AUTO CAD では、2Dと3Dの両方の図面の作成が可能です。AUTO CAD は専用のアプリケーションが充実しており、様々な職種に合わせてアプリケーションを選ぶことができます。このアプリケーションにより、仕事の質がさらにグレードアップするのです。多くの企業がAUTO CAD を採用していますので、データのやり取りをする場合でも便利です。AUTO CAD は建築業界では必須のソフトとなっており、建築以外の業界でもAUTO CAD を採用する企業が増えてきています

AUTO CAD は製図の仕事をする人にとって、非常に便利なソフトなのですが、値段が高いというデメリットがあります。仕事の効率アップもしたいが、費用はできるだけかけたくないという方におすすめなのが、AUTO CAD の互換性ソフトウェアです。


関連記事

  1. 互換ソフトウェアとは
  2. 使いやすい互換ソフト
  3. 安心の互換ソフト